2015年2月8日日曜日

ヒマーチャル小出し劇場(19) ラーホール・グンランの廃墟寺

Kumariについて調べているうちに、あっという間に1ヵ月たってしまいました。

まとめにもう少しかかりそうなので、久しぶりにヒマーチャルものを。























これはラーホール(लाहौल Lahaul གར་ཞ་ gar zha)のグンラン(གུང་རང་ gung rang)というところにある廃墟寺。10~11世紀の寺に間違いありません。タボやアルチとそっくりな塑像がたくさん祀られていますが、ご覧の通り荒れ放題です。これはナンパ・ナンツァ(རྣམ་པར་སྣང་མཛད་ rnam par snang mdzad वैरोचन Vairocana 毘盧遮那如来)の像ですね。

その頃、ラーホールがグゲ王国領であったか?は、定かではないのですが、文化的に交流があったことは間違いありません。

こういう穴場はガイドブックには載っていないので、観光客は誰も行きません。ネットでも報告は見たことないですね。

3 件のコメント:

  1. グンラン(གུང་རང་ gung rang)、行ってみたいです。ぼくの持っている地図には見当たりません、どこなんだろう。

    返信削除
  2. 地図には出ていませんね。地元で聞けば、場所はすぐにわかりますよ。造作も無いことです。

    ラーホールのゴンパ巡りは、800m登って降りて、次のゴンパはさらに300m降りて川を渡って(橋はありますからご安心を)、また1000m登って・・・の繰り返しですから、足腰が強くなっていいですよ。

    おまけに3回くらい行かないと開いてなかったりして、実に忍耐力を要求されます。その分意外な発見が楽しいものです。

    返信削除
  3. 手持ちの2、3のヒマーチャルの地図には無かったんですが、あ、ありました、orubhatra様の著書に。はじめから、orughatra様の著書を見とけば良かった。地図上では、足腰弱いぼくにも、行けそうなところでした。

    返信削除